コンテンツ

自分の保険を利用した修理。相手の保険を利用した修理。

保険会社との対応はお任せください

保険会社との対応はお任せください

単独事故ではなく、相手が存在する事故の場合に難しいものが「過失割合」

つまり、どちらがどれくらいの修理費用を支払うかというところです。

実は動いている車同士の場合、ほとんどのケースで両方に過失割合が発生します。
こちらは交通ルールを守って走行しており、相手が交通違反をしてぶつかってきた場合でも、100%相手が悪くなるケースは少ないのが現実です。

「自分は全く悪くないのに、どうしてこんなに支払わないといけないの?」とお怒りになるのも無理はありません。とはいえ、保険会社とのやり取りは専門的な分野なので、なかなか口を出しづらいものです。
当店では、お客さまの代わりに保険会社とのやりとりをさせていただきます。
適正に事故が処理されるようにサポートいたします
ので、ご安心ください。

保険を使わない方が得な場合もあります

“事故での破損はすべて保険で修理したほうが良い”とは決して思わないでください。

トータルで考えると、保険を使わなかった方が実は安く済む場合があります。
というのも、保険で修理すると来年以降の自動車保険料が高くなるからです。
自動車保険は、1年間保険を使わなければ等級が1つずつ上がり、保険料も安くなります。
反対に保険を使うと、翌年は等級が3つ下がります。それぞれの等級には割引率の高い「事故無し」と、割引率の低い「事故あり」が設定されています。保険で修理すると3年間は「事故あり」の割引率になるので、それまでよりも高額な保険料を支払わなければなりません。無料で修理できると思って保険で修理すると、修理費以上の額を支払うことになる場合があるのです。

こうした無駄な出費を避けるには、保険会社に保険を使った場合の向こう3年間の保険料の値上がりを問い合わせてみてください。その金額と修理代を比較すれば、保険を使うべきかどうかを判断できます。
当店ではできるだけ費用を抑えた修理や、プラスアルファの修理やカスタマイズもご提案可能です。保険を使う場合でもそうでない場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

保険修理の流れ

  1. 事故に遭った場合、まずは警察と保険会社に連絡してください。
  2. 車が動かせない場合、加入している自動車保険にレッカーなどのサポートが含まれているかどうか確認してください。
    必要であれば当店からレッカー車を出すことも可能です(有料サービス)。
  3. 保険会社とのやり取りはお任せください。
  4. お客さまのご要望に合わせたプランで修理いたします(2日から1週間程度)。また、その間の代車を出すことも可能です。