コンテンツ

クルマの「ちょっとおかしいな?」なんでも相談してください!

クルマの「ちょっとおかしいな?」なんでも相談してください!

屋内で利用する家電等と比べて、屋外の過酷な状況で利用され、可動部分の多い自動車は消耗する部品も多く「何もしてないけど調子悪くなった」ケースが比較的多いのが特徴です。

常に振動にさらされている状況なので、各部分の「ゆがみ」も発生しますし、
ゴムを利用した部品はだんだん劣化してきます。
また、タイヤやバッテリーは確実に時期が来れば「使えなくなる」部品なので、消耗品ともいえます。そして気に留めて頂きたいのが次の2点。

「故障が原因で、命の危機にもつながる事」
「調子が悪くなった車が、勝手に良くなる事は無い事」

どんなに安全運転を心がけても、自動車が満足に動かなければ事故に繋がります。
想像してみてください「高速道路の追い越し車線で、アクセル踏んでもスピードが出なくなったら…」「山間部の下り道で、ブレーキが利きにくかったら…」ちょっと考えただけで、血の気が引きますね。

また、家族や気の合う仲間と小旅行・買い物に行ったとしましょう。
吉野まで桜を見に…、月ケ瀬まで梅を見に…、十津川村の温泉へ…、コストコまでまとめ買いしに…
その帰り道、いきなり車がウンともスンとも言わず止まってしまったら・・・・
これも、あまり想像したくないですね。携帯の電波も満足に繋がらない場所でのトラブルは出来るだけ避けたいものです。

それを避けるのが、定期的な整備「ちょっとおかしいな?」に対する早めの対応。
「とりあえず動いてるから大丈夫」と騙し騙し乗ってると「なんでこんな大事な日にトラブルが!」という事に。
早めの対応で修理の金額が抑えられるケースも多くあるので、後回しにすればするほどデメリットの方が多くなります。
不必要な修理や部品の取り換えの提案は行いませんので、ご安心のうえ相談下さい。